インフラエンジニアは、企業等の情報システムを構築するコンピュータやそのコンピュータ関係の通信ネットワーク関連の機器の導入、その調整などを行う仕事を行いますが、そのシステムを導入する企業側にも条件があることから、調整能力も必要になる仕事です。
したがって、ただ単に技術に関する知識だけではなく、調整能力も必要になることから相応に高いスキルを求められる技術者になります。
この仕事がそもそも多くある地域は大都市になりがちであることから、そのような地域で採用情報が見かけられやすい傾向です。
求人も頻繁に出されるものではなく、むしろ口コミや他者からの紹介などの人脈などにより就労できる機会が多くなるとされ、既卒で実績を積んでいる場合の方が即戦力であることから、そちらを優先して採用する傾向にあるようです。
新卒の場合には、企業等でまずは現役で働くインフラエンジニア先輩諸氏について一緒に作業を行っていくという流れとなり、数年後にある程度の実績を積んでから一人立ちさせる傾向にあります。
技術者としての知識だけではなく、クライアントからの要望や要請に迅速に対応する能力、予算配分などを総合的に考えていくことになる仕事です。
単なる技術者としてだけではなくコミュニケーション能力も相応に必要であり、クライアントに対する調整者としての能力も総合的に求められることから、給料も単なる技術者よりも高額になるケースもあるとされています。