インフラエンジニアとして働くことの面白さは、システムエンジニアとは対照的な面があります。
システムエンジニアとして働くことの面白さは、業界の最前線で新しいものを生み出す開発の仕事を担うことにあります。
システムエンジニアは、新鮮な刺激とスピード感に満ちあふれていることがよしとされる職場で日々を過ごすことになります。
一方で、インフラエンジニアの場合には、新鮮さやスピード感とは疎遠な現場で働くことになるのが典型的です。
インフラとなるシステムは安定していることが最重要であって、毎日大きな刺激もなく、スピード感を要求される障害復旧等の作業が存在しないことが理想的な仕事がなされている状態になります。
そのため、目指す方向性がシステムエンジニアとは間逆になると言っても過言ではありません。
そういった障害発生のない平穏な現場を作り出すことを目指して予防策を練ったり、システムの改良を行ったりしていくことがインフラエンジニアとして働くことの面白さです。
仕事内容としては地味でありながらも、システムを運用していく上では欠かせない存在であることから、IT業界だけでなく一般企業からも求人が多く、社内インフラの維持や管理を担う人材として重宝されています。
特にネットワークシステムが基本となっているインフラシステムが一般的であり、社内サーバーを導入している企業も多くなっていることからネットワークやサーバーの知識に長けているエンジニアがインフラを担うのが主流です。