多くのインフラエンジニアが働く職場は企業のインフラシステムの管理を行う現場であり、モニタによる管理が行われている場合には基本的には平穏な状況が続いています。
ネットワークやサーバーの規模に応じて若干名のエンジニアで監視を行っているのが日常的な状況であり、必要に応じてシステムの機能の向上のために作業を加えたり、障害防止のために予防線を張ったりする作業が行われます。
そういった平穏な状況を続けられるように維持を行っていくのがインフラエンジニアの勤めであり、稀に起こる大きな障害の発生時以外は静かで落ちついた職場となっているのが一般的です。
しかし、大きな障害が生じると現場には緊迫感が走り、原因究明とシステムの復旧を目指して精力的に活動が起こされるようになります。
このギャップの大きさが特徴的なのがインフラエンジニアの職場であり、そういった際にも冷静な判断を下せる落ち着いた人格が必要とされる職種です。
求人募集においては、その落ち着きを保てるだけの経験と知識が要求されることが多く、エンジニアとして情報機器に慣れ親しんできているベテランが重宝されます。
若手の教育という考え方から現場にベテランと若手のタッグを組ませるということもままあり、そういった教育を重視している現場においては経験が比較的浅い若手の人材の起用も稀ではありません。
しかし、多くの一般企業では即戦力となる人材が採用されることが多く、経験者の求人が多いのが実情です。